三田用水白金分水(2) 上流端

白金分水遠征編、2点目です。

元々は渋谷川の支流の小流だったと思われる白金分水ですが、上流部については、目黒区三田1-6にある日の丸自動車学校付近から三田用水を北方向に分水し、山手線長者丸踏切あたりを通って谷に落とされている、とされています。
ところが、その分水が谷に落とされるより先にも、谷地形が残っていて、山手線を越えて西側に続いています。それも、三田用水に半ば踏んづけられるような形で。

d0247424_14354736.jpg


目黒区三田2-3付近、無名のT字交差点、右から左へ三田用水、正面右側は目黒川の谷に向かって下り、背面は渋谷川本流(の小谷)に向かって下っています。白金分水への谷は左側隅。

d0247424_14403310.jpg


上の写真の左隅方向、あいにく工事中だった小道が白金分水の谷に向かって続いています。

d0247424_144487.jpg


谷底は住宅が密集していて、辿るjことができません。谷を横断する道路から見通してみたところ。

d0247424_14463275.jpg


目黒区三田2-4 谷底の様子。写真は少し関係ないでしょうか。

d0247424_14492821.jpg


周囲から谷底を覗いてみると、マンションの並んで建っているあたりに擁壁が続いており、かなりはっきりとした谷筋なのがわかります。写真は厚生中央病院交差点で谷筋が道路に出てくるところから。

d0247424_1453224.jpg


谷はこの交差点を写真左から右へ通っています。道路はかなり盛り土がされていますが、それでも谷地形が感じられます。

d0247424_14562993.jpgd0247424_14565782.jpg


目黒区三田1-10 山手線をくぐるあたり、この前後は痕跡がわからなくなっていますが、住宅の立っている間に谷底があるようです。

d0247424_1513857.jpg


目黒区三田1-3 三田用水の分水と合流?して本格的な暗渠がはじまります。こちらで紹介するのはここまで。

この上流端部、厚生中央病院の西側ははっきりとした谷が残っているのですが、東側は住宅が立ち並び、山手線と貨物線の立体交差部分にもかかっていて、さらに恵比寿ガーデンプレイス付近では谷が南側に迂回する形になっているため、上流と下流とのつながりがとてもわかりにくく感じました。
[PR]



by blognest | 2011-07-19 15:16 | 渋谷川・古川

水分とミネラル、ちょっと鉄分
by blognest

カテゴリ

全体
渋谷川・古川
谷端川・小石川
ブログ
千葉県好きですか
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧