坂川支流(3) 常磐線との交差と上流端

坂川支流(2) 野馬土手と堀の開渠の続きをさかのぼっていきます。

d0247424_2311789.jpg
野馬土手をくぐった先は直線の暗渠になっています。フェンスで囲われていますが、途中からは上を通れるようになっています。

d0247424_2341512.jpg
1ブロック先で蓋暗渠は途切れます。下流を見たところ。写真の手前側の蓋にはフェンスや車止めがありますが、奥側は歩道状になっていて、道路扱いのようです。地図を見ても一部分道路が太くなっているのが読み取れます。

d0247424_23113142.jpg
同じ地点の上流側を見ます。脇の道路が狭くなり、道と一体の暗渠道になるのがわかります。ここまでほぼ直線の蓋暗渠でしたが、暗渠道は、すぐ先で太い道になるものの、蛇行しながら上流へ続いていきます。

d0247424_23162913.jpg
暗渠道をさかのぼって、R6水戸街道との交差までやってきました。水戸街道はちょっとした盛土で川を越えているようです。奥に見える大きな団地が、この先暗渠の位置を掴む手がかりになります。

d0247424_23205631.jpg
谷筋に建っている団地に沿って、常磐線の線路まできました。

d0247424_23224667.jpg
目立つ痕跡はありませんが、信号機の土台に使われている構造物や、線路脇の道と側溝の蓋が橋状に盛り上がっている様子から、この地点で暗渠が常磐線をくぐっていることが読み取れます。

d0247424_2324574.jpg
近くの歩道橋上から谷をまたぐ常磐線を見てみます。中央左寄りに見える団地が谷筋を示しています。ゆるいサグ地形になっていて、線路は谷筋に向かって下ってからまた上っていきます。

d0247424_23302474.jpg
常磐線との交差の上流側には少しだけ蓋暗渠がありました。丁度工事中ですが、埋めて暗渠道になってしまうのでしょうか。

d0247424_23322952.jpg
下流方向を見てみます。正面に谷筋の大きな団地が見えています。

d0247424_23343221.jpg
上流に向かいます。写真のように工事中の先は、蛇行する暗渠道になっています。

d0247424_23371514.jpg
旧水戸街道と交差します。

d0247424_23395130.jpg
旧水戸街道から上流は、再び蓋暗渠です。アスファルト道路と一体化して太い道になっていますが、上の写真にも写っている電柱の支柱が鎮座していて、自動車が通ることは想定していないようです。

d0247424_23445871.jpg
真新しい橋状の構造物がありました。

d0247424_23455676.jpg
暗渠の幅が細くなり、上流端を予感させます。

d0247424_23475796.jpgd0247424_2348667.jpg
道路と交差した先で蓋暗渠は折れ、そこで途切れています。

d0247424_23525880.jpg
蓋暗渠は写真奥を右から左に横切って手前側に折れ、写真左端奥から未舗装の細長い荒地になって手前に出てきます。このあたりが上流端のようです。



d0247424_23592563.jpg
上流端の近くには、手押しポンプの井戸がありました。民家ですが住人はいないようです。



豊四季駅からぶらぶらと歩いて、南柏駅の近くまでたどり着きました。この近くにはさらに別の坂川支流富士川の支流の谷頭があって、、、と、この先も魅力的なのです。北総の台地を開析する無数の谷、それも千葉県の魅力の一つです。ですが今回はここまでで、千葉県応援記事は終わります。
続編の予定はありません。
[PR]



by blognest | 2016-03-09 00:19 | 千葉県好きですか

水分とミネラル、ちょっと鉄分
by blognest

カテゴリ

全体
渋谷川・古川
谷端川・小石川
ブログ
千葉県好きですか
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧