金杉台地の谷(1) 西金野井の源流から

金杉台地の谷を巡ります。最初はR16西金野井交差点付近から、ほぼまっすぐに南下する谷を上流から辿っていきます。

金野井村は1641年の江戸川開削によって分断された村の一つで、埼玉県春日部市の西金野井、千葉県野田市の東金野井と二つに分かれています。

d0247424_142401.jpg住宅地の中にぽっかりと穴が開くように、谷頭の部分が残されています。市民農園になっているようです。

d0247424_1472123.jpg外側から全容を窺うのは難しいのですが、東側の一角に源流の一つとおぼしき場所がありました。

d0247424_152189.jpg谷の中に降りてみると、U字溝の水路が始まっています。


d0247424_211645.jpgU字溝は20mほどで途切れてしまいますが、その横には手掘りの水路が続いています。

d0247424_213491.jpg雨の後なので少し水が流れていました。U字溝の水は横の手掘り水路には流れず、住宅の下へと呑み込まれていっています。

d0247424_2175511.jpg谷頭の空間を出て西側に回りこんでみると、住宅の間に数軒分ほどの空間があり、中をU字溝が延びてきています。

d0247424_2201360.jpgU字溝の出ていく先から道路が広くなり、蛇行して南に向かっています。


この先は東武野田線との交差まで、谷底の一本道となっていて、特に川跡を偲ばせる痕跡はありません。


d0247424_2314859.jpg東武野田線と交わる手前の少し北側に、東から合流してくる浅い谷があります。少し遡ってみます。

d0247424_2432328.jpg谷底を含む空間が広いスペースとなって残っています。

d0247424_2444713.jpgフェンスの右側が谷筋、左側には雨水調整池がありました。

d0247424_2461462.jpg足元の谷筋には突き出た巨大なマンホール。

d0247424_248991.jpg谷筋、マンホール、調整池を上流側から見ます。

d0247424_2485713.jpgこの先上流は蛇行する道となってしばらく続いていました。



次回の記事では東武野田線から下流を見ていきます。
[PR]



by blognest | 2016-03-28 02:50 | 千葉県好きですか

水分とミネラル、ちょっと鉄分
by blognest

カテゴリ

全体
渋谷川・古川
谷端川・小石川
ブログ
千葉県好きですか
未分類

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧