坂川支流(2) 野馬土手と堀の開渠

坂川の支流、その本流を歩いていきます。


この直線状の川、気になりませんか? 左上の下流側は谷筋の底をなぞるように蛇行しているのに、中央部は完全な直線です。ここには何があるのでしょう。

d0247424_2211566.jpg
結論を先に書いてしまうと、谷筋の真ん中に高い土手がそびえているのです。写真は谷筋の一番下から土手の端を見上げてみたもので、かなりの高低差があります。

d0247424_2242146.jpgd0247424_2251226.jpg
土手のある位置に登って、地図の左上蛇行部分の谷筋を眺めてみます。写真の左が下流側、右が上流側で、生垣は弁天神社です。坂川支流(1) 蓋暗渠の支流が下写真のほぼ中央、家と家の切れ間から合流してきます。

d0247424_2217688.jpg
谷底の開渠が暗渠になる地点から遡っていきます。ここより下流は見ません。

d0247424_22184578.jpg
弁天神社は現役の開渠と写真の廃開渠に囲まれていて、四角形の島状になっています。

d0247424_2223454.jpg
遡っていくと、開渠と土手の高さが近くなってきて、直線に平行しています。写真は土手が崩されて駐車場になっている場所。車の停まっている所が土手の跡で、奥には住宅が建っています。土手跡を挟んで、写真左側の開渠と右側の道路には高低差はなく、どちらも谷筋の中です。

d0247424_2230082.jpg
しばらく進むと土手が崩されず残っています。谷底の平らな場所の真ん中に土手が築かれているのがわかります。

d0247424_22353361.jpgd0247424_22355771.jpg
直線で進んできた土手と開渠が折れた先で、道路が横断しています。

d0247424_22411991.jpg
近くに案内板がありました。この土手は野間土手(野馬土手)というようです。

d0247424_2243424.jpg
道路が横断した先で、開渠は再び折れ、土手をくぐります。ここから上流は暗渠になります。

d0247424_2245566.jpg
開渠が土手をくぐって暗渠になる地点を横から。土手はクランク状に折れ曲がってこの先、暗渠から離れていきます。ここまでは開渠が流山市と柏氏の境界、ここからは土手が境界になります。写真奥から水路が暗渠に合流してきますが、これは土手の脇に造られた堀の名残ではないでしょうか。

d0247424_22511326.jpg
反対側からも眺めてみます。


次は土手を離れて暗渠になった坂川支流を上流まで歩いていきます。
[PR]



# by blognest | 2016-03-08 22:54 | 千葉県好きですか

坂川支流(1) 蓋暗渠の支流

引き続き、千葉県の暗渠を歩きます。

大堀川の支流を谷頭あたりまで遡ったすぐ近くから、全く別の水系の坂川支流が流れ出しています。今回歩いてみたのはここの地形を実際調べてみたいと思ったからでした。


d0247424_21241988.jpg
道路沿いからいきなり蓋暗渠がはじまっています。

d0247424_21283475.jpg
住宅の玄関先を直角に折れ曲がって通り過ぎていきます。

d0247424_2130118.jpg
裏手に出たところでさらに直角に折れて、南西に進んでいきます。

d0247424_2140060.jpg
民家の入り口は一部鉄板敷きで、その脇は通り抜け防止のためか、物置になっています。

d0247424_21431481.jpg
折れ曲がりながら家の間を抜けて、支流本流の谷に下りていきます。

蓋暗渠はこの先で坂川支流に合流しますが、その支流本流を次に歩きます。
[PR]



# by blognest | 2016-03-08 21:49 | 千葉県好きですか

柏市豊四季 窓ガラス越しの暗渠

突然ですが、千葉県を応援します。
5年ぶりに暗渠を歩いてみるにあたって、まずは知らない所、歩いたことのない場所、を探しました。
知っている所や歩いたことのある場所では、取り上げてしまうとどんどん膨らんでいって収拾がつかなくなってしまいそう。以前とは違うところで、あまり深くは掘り下げない、というスタイルで何本か記事を書いてみたいと思います。
千葉県に特に意味はないんですが、千葉VS埼玉という企画があるらしく、わたしが好きなのはどちらかというと千葉なので、便乗して応援してみたい!という少し不純な動機です。

文章多めなのでご注意です。

暗渠より文章が見たい方へ
[PR]



# by blognest | 2016-03-08 21:16 | 千葉県好きですか

指ヶ谷リベンジ(2) 最上流・西原

前記事の鶏声ヶ窪から尾根(中山道)を一つ越え、指ヶ谷本流の上流部にやってきました。
ここは前作では紹介することができなかったので、その部分を見ていきたいと思います。

d0247424_10222116.jpg白山通り、明化小学校前の歩道橋から。左に白山通りから分かれてカーブする流路跡の道がみえます。この歩道橋のあたりに、大名屋敷の池があり、大きな水源であったと考えられます。歩道橋の東側は造成されて大きなビルが建っていますが、かつてはそのあたりまで池だったのかもしれません。この先で流路跡は2本に分かれていますが、この池に注ぐ流れがあり、湧水か、もしくは千川上水の水を引いていた…ということなのでしょうか。


d0247424_10344910.jpg文京区千石1-22 白山通りから分かれた谷筋は、この南側で水路敷扱いの路地になっていますが、谷筋に入っていく道がもう一本あります。平行して2本ある流路跡の北側のものになります。


d0247424_10385139.jpg数十m程先で、直進は道が細くなっています。下水道台帳によると、白山幹線がここをクランク状に通っていることがわかり、下水は南に折れてこの先で水路敷に合流するようです。この部分は下水転用の際に、南側川跡を利用せず北側に迂回したということでしょうか。古い地図では、この区画に対応するのかはわかりませんが、現在の水路敷の北側に、道に平行してどぶ板を渡した水路が描かれていました。



d0247424_10575836.jpg文京区千石1-24 先ほどの一本北側、千石一丁目遊園の前です。この道も怪しい凸凹がかなりあり、谷筋からは少し上ってはいますが、どぶ板を渡した水路はこのあたりを流れていたのかもしれません。



d0247424_1134415.jpg北側流路から離れて、南側のメインの川跡を源流に向かいます。川跡は不忍通りを渡った先、文京区千石4-38の道の細くなるあたりで民家に飲み込まれてしまいますが、1ブロック北側の十字路で再び出てきています。飲食店と八百屋の間に、区画に対して斜めになっているブロック塀があり、その下が川跡になります。


d0247424_11171022.jpg川跡は千石本町通り商店街の道に沿っています。文京区千石4-35あたりで、道の南側が細くなっていますが、ここで終わりではなく、道の南側から北側に移っているような雰囲気です。


d0247424_11202760.jpg文京区千石4-32で、道はT字路にぶつかります。この先谷筋をたどっていくと巣鴨駅あたりまで辿りつきますが、痕跡はほとんどないようです。ちなみに、この商店街の北側には、路地やマンホールの密集したスポットがあります。



*おまけ*
d0247424_11245761.jpg徳川マンション前にあるまるで井戸を埋めたような防火水槽。もしかしたら昔は本当に井戸だったのかもしれませんね。
[PR]



# by blognest | 2011-07-22 11:28 | 谷端川・小石川

指ヶ谷リベンジ(1) 鶏声ヶ窪の支流

指ヶ谷 という谷があります。
西大下水(小石川)に比して東大下水とも呼ばれています。その上流北側にあるのが、鶏声ヶ窪。
前ページでも紹介したこの流路群ですが、川歩きの再開はまずここから! ということで、再訪してきました。

砂場に指で描いた様な、綺麗な谷形をしている指ヶ谷ですけど、前作でも触れたとおり、北側の鶏声ヶ窪には支谷があります。一つは文京区本駒込1-20 目赤不動と医歯薬出版の間の水路敷。そしてもうひとつ・・・

d0247424_9541075.jpg


d0247424_9545237.jpg


文京区本駒込1-25 駐車場の敷地内に井戸があり、敷地の途切れるところから道が広くなっています。
d0247424_957553.jpg


d0247424_9582570.jpg


1ブロック先付近で本流に合流しているようです。延長100mほど

d0247424_1003913.jpg
お地蔵様も健在でした。


この支谷、谷があることはわかるのですがとても浅く(最初の井戸の裏側で1mくらい)南にも窪地が続いていて怪しい地点もあるのですが、傾斜が逆になってしまう…という、かなり頭を悩ませる谷になっています。
[PR]



# by blognest | 2011-07-22 10:12 | 谷端川・小石川

水分とミネラル、ちょっと鉄分
by blognest

カテゴリ

全体
渋谷川・古川
谷端川・小石川
ブログ
千葉県好きですか
未分類

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧